忍者ブログ
ベーシスト Takaの暇な時にのんびりと更新するであろう戯言的なブログ
[79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

070604_0320~01.jpg

まいどです!
運転免許証、パスポート、身分証明書のどの写真もメキシコ人にしか見えません。 Takaです

先日、私の好きな漫画家の一人のある最新刊を買った。

物語はまさにクライマックスを迎え、とても読者を引き込む内容となっている。 

単行本の第一巻から物語の絶妙さに魅入られ、気になる話の続きを雑誌の連載を覗き見る事無く、次巻が発売されるのを心待ちにしていたこの作品も、とうとう次の巻で終わりを迎えようとしている・・・。

感慨深い? 

いや、そうは全く思わない。

待つ楽しみが減る寂しさはあるが、物語が完結することを待ち望んでいた私にとっては喜ばしい事である。

私は漫画だろうが、ドラマや映画でも何でもダラダラと無駄に長く続く物は好きではない。 それがどんなに素晴らしい作品であっても、どんなに夢中になったとしても、始まった直後からとっとと上手く話をまとめてスッキリ終わって欲しいと願う。

なぜなら、物語とは起承転結全てが揃って初めて一つの作品となり、評価の対象となるのだ。 いくら出だしが面白くても中盤や締めがお粗末であれば、その作品はクズなのだ。

どんなに短くても読み手、受け取り手を納得させる力強い物が作品の中にあれば、それで良いと思っている。

この漫画家のこれまでの作品には好きな物が多いが、果たして物語の結末を読んだ後で今回もお気に入りの作品となるであろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[10/22 Precise]
[09/03 kachang]
[09/02 misa]
[09/01 skyhunter]
[09/01 あいく]
最新TB
プロフィール
HN:
Taka
性別:
男性
職業:
低音四弦奏者
趣味:
髪の毛をいたわる事
自己紹介:
ロン毛の小汚いおっさん
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]