忍者ブログ
ベーシスト Takaの暇な時にのんびりと更新するであろう戯言的なブログ
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まいどです!
新たなる市場の拡大とネットの無限の可能性が世界的に盛り上がりを見せているSecond Lifeですが、たんに新たなネット依存症者と引きこもりを増やすだけだと思います。 Takaです

昨年末に越してきた現在のマンション。

ベランダからは、近くに住む大家所有の生産緑地地区とやらに指定された、さほど広くない土地が見下ろせる。

税金対策かどうかは知らないが、この土地があるお陰で何か建物が建つこともない。

南に面したリビングの大きな窓からは、遮られること無く日光が降り注ぎ、視界も良好、風通しもよい。

他の建物が隣接していないと言うのは圧迫感もなく、とても住みやすいのだ。

だが、この生産緑地と言う土地が実はなかなかのくせものだった事が判明。

生産緑地の名が示す通り、緑がないと始まらない為、大家も何からしらの木を沢山植えている。 大きく育てば何かの実をつけるのか、指定を受けるためにただ植えた木なのかは知るところではない。

まぁ、緑は見ていても苦にならないものだからと深くは考えていなかったのだが・・・。


二週間前の週末に大家がその土地に害虫駆除のために何かの薬を散布したらしい。

その日以降、これまで見る事の無かったムカデのような芋虫のような、何やらちっこくて細長くて足が沢山生えている虫をベランダで見かけるようになったのだ。

日を追うごとに数は増していく・・・。

そして昨日、いつものようにタバコを吸いにベランダに出た所、パッと見ただけでもなんと9匹ものそのムカデもどき野郎共がベランダにいるではないか! 羽を持たぬその姿から下から這い上がってきた事は想像できる。

しかし、低いとはいえここは三階、まさか撒かれた薬から逃げる為とは言えこんな土もない所まで逃げてきたというのか? 

そんな俺の疑問の回答を偶然にも1階の住人の悩みが教えてくれる事になった。

何でも1階はその虫達が大量発生していて大変なことになっているとか・・・。

まさに地獄絵図、嫌すぎる・・・。

明るい時分なら奴等の所在がわかる為まだいいが、問題は夜日が落ちてからである。 暗闇の中どこにいるかは分からないが、自分の周りで静かにあの気色の悪い虫共が蠢いていると思うと・・・。

毎夜毎晩、暗闇の中ベランダで、一人大人が怯えながらタバコを吸っている事実はここだけの秘密である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/22 Precise]
[09/03 kachang]
[09/02 misa]
[09/01 skyhunter]
[09/01 あいく]
最新TB
プロフィール
HN:
Taka
性別:
男性
職業:
低音四弦奏者
趣味:
髪の毛をいたわる事
自己紹介:
ロン毛の小汚いおっさん
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]