忍者ブログ
ベーシスト Takaの暇な時にのんびりと更新するであろう戯言的なブログ
[370] [369] [368] [367] [366] [365] [364] [363] [362] [361] [360]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まいどです!
人気ドラマに流されて子供の名前を決めた残念な親が多かった様ですが、まだ「篤」では無かった事が救いだと思いました。 Takaです

昨日の夜のニュース番組で取り上げられた一つの映像。

ネットで以前から話題になっていた、「交通事故にあった犬を助けようとする仲間の犬」の動画である。


ニュース番組がネットからホイホイと簡単にネタを拾ってしたり顔で紹介するご時世もどうかと思うが、

何より私を呆れさせたのは・・・、

この助けようとした犬の引き取り希望者が殺到していると言う事実。



ふと脳裏に浮かんだのは、

数年前に話題になった「崖っぷち犬」。


あの時も引き取り希望者が殺到した。

一旦は引き取り先が決まったが、

結局脱走し、現在は県の動物愛護管理センターで飼育されているとか・・・。



当時高視聴率を叩き出し、日本中が感動したとまで騒がれたあの騒動も、

しばらく経てば無責任なマスコミは勿論、

世間も知らん振り。



まぁ、他にも大勢の犬・猫が保護されているにも関わらず、

当時から該当の犬以外の引き取り希望者は居なかったのだから、

彼等の動物愛護精神もたかが知れている。



結局、犬・猫等のペットを無責任に捨てる馬鹿は後を絶たず、

保護された動物達を引き取る人も増えない現実。



今回の話題も所詮そんなレベル。


「感動した」?

簡単に言うなよ。


誰かが動物達を物の様に捨ててなければ、

事故にも遭わず、幸せに暮らしていただろうに。


動物達に過酷な生活環境を強いておいて、

ちょっと話題になったら欲しいだと?


なめんなよ。


お前等のくだらねえ自己満を満たす為に彼等は生きてんじゃねえんだよ。


大体お前等に動物達と暮らす資格があんのか?

身の程を知りなさい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[10/22 Precise]
[09/03 kachang]
[09/02 misa]
[09/01 skyhunter]
[09/01 あいく]
最新TB
プロフィール
HN:
Taka
性別:
男性
職業:
低音四弦奏者
趣味:
髪の毛をいたわる事
自己紹介:
ロン毛の小汚いおっさん
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]